logo.png
logo-24.png

Gikodo Co., Ltd.

2-15-3, Itabashi, Itabashi Ku, Tokyo, 173-0004, Japan

Tel. +81-3-3962-2324 Fax. +81-3-3962-2327

info@gikodo.co.jp

designed by

logo-25.png

supported by

logo-26.png

© GIKODO Co.,Ltd. All rights reserved.

Next Interface Material

METALFACE(メタルフェイス)は、IoT / 5G時代のインターフェイスに最適な金属調の樹脂素材です。

 

Features

Like METAL

​見分けがつかない金属表現

ヘアラインやブラストなどの金属仕上げ加工やエンボスなどの立体感を高精密に再現

Interface

光や電波を通す金属にない特性

3つの特性でインターフェイスを実現

情報表示

5G等の電波透過

タッチ操作

Seamless Design

あらゆるモノが通信と情報表示を必要とするIoT時代におけるシームレスなデザイン

IoT時代の新たな意匠表現

 

Prototype Movie

 

Media

asahishinbun.png
link.png
media-02.png
link.png
media-04.png
link.png
monodukuri.png
link.png
media-01.png
link.png
media-06.png
link.png
designboom.png
link.png
media-03.png
link.png
media-05.png
link.png
 

Scene

車のインパネや
ダッシュボード

スマートデバイス
のディスプレイ

電車サイネージ
やディスプレイ

PC等の

タッチ操作部

エレベーター
操作パネル

入退室
カードリーダー

スマートビルの

各種モニタ

AIスピーカーの
表示部

家電や什器の
デジタル表示部

ロボットの
ディスプレイ

センサーや

操作パネル

非接触
決済端末

スマートハウス、スマートオフィスや次世代店舗における

様々な情報表示や通信をシームレスなデザインで実現

Smart Building

- Office / House / Store

Office

Office

House

Store

Mobility

次世代のモビリティディスプレイをシンプルで洗練された意匠で実現

Digital Device

デジタルデバイスに必須のタッチ操作や非接触通信を妨げない特性

IoT

金属では通せない5G電波を通すことでIoT時代の金属調意匠を牽引

 

New technologies

― 開発中の新技術 ―

​立体成形品への適応

インサート成形、真空圧空成形など

ガラス・アクリル対応

従来のPET・PCに加えて新たにアクリル・ガラスへ

発光色のカスタマイズ

マスク処理により、白色光源でも自由な発色

 

Collaboration

国内外の企業とMETALFACEの可能性を活かした製品開発を進めています。

​共同開発に参画いただけるパートナー企業を募集しておりますので、ご関心のある企業様は Contact よりお問い合わせください。

METALFACE Bar(仮称)

DNライティング社の継ぎ目なく角や端部まで光るライン照明PFSHにMETALFACEを組み込んだ製品を開発中です。金属のバーやサッシのように存在をひそめ、点灯時は金属が輝き出す驚きのある演出が可能です。

印刷でデザインする光

コニカミノルタ株式会社は写真用材料設計技術をベースに、光る部分を自由に印刷できる発光体印刷技術を開発しています。

METALFACEと組み合わせ、金属と光の新たな意匠表現の可能性を拓きます。

見えない表札

配達の方など必要な人には名前を伝えたいが、普段はプライバシーを守りたいという声から誕生した丸三タカギの「見せない表札」シリーズ。

門扉や外装に馴染む金属の板をタッチすると名前が浮かび上がります。

非接触決済端末

METALFACEはタッチ操作を妨げません。

デジタル署名が必要とされる決済端末などのプロダクトも、METALFACEを用いることで、金属だけで作られたようなシンプルな意匠で実現することが可能です。

 

Story

はじまりは東京ビジネスデザインアワード

ビジネスデザイン会社kenmaによる次世代のインターフェイスとする事業提案がTBDA最優秀賞を受賞。

story-03.jpg

板橋町工場発、世界初の新素材

機器パネル等における高度な印刷技術を有している株式会社技光堂。複数の技術を駆使して世界初の新素材を開発しました。

業界の常識を覆す真逆の発想で誕生

光を透けさせないことが金属調印刷の常識でしたが、真逆の発想で透けさせることにより金属調インターフェイスを生み出しました。

デザイン経営でマテリアル事業に挑戦

初めての素材開発事業を行うに当たって技光堂初のデザイン経営をkenmaとともに進めています。

 

FAQ

coming soon

 

Contact